アパート経営に関する知識を習得しよう

まずはメリットとデメリットを知ること

不動産に関する知識があれば、ひとりで物件を見つけそれを購入し、入居者を募ることができますが、ほとんどの方が不動産管理会社を仲介してアパート経営を行っています。必要な知識は仲介業者が補ってくれますので、ほとんど知識は必要がありません。しかしそうは言っても、メリットとデメリットくらいは補っておくことをおすすめします。

アパート経営のメリットは安定した収入です。またマンションの一区を購入するのではなく、アパート全体と土地も購入することになりますので、資産運用としても価値があります。相続税の免除を受けられますので、資産運用としても最適になるでしょう。デメリットは入居者がいなければ収入になりません。死活問題になりますので、この点はよく把握しておくことをおすすめします。

仲介する業者がとても重要

物件の紹介から購入、それにまつわる資金確保など、アパート運営を手伝ってくれる業者と二人三脚で経営をすることになります。しかし業者の方も利益を追求していますので、経営者側がある程度は知識を補う必要もあるのがアパート経営です。物件ひとつにしてもお手頃などと甘い言葉で買わされて、なかなか入居者が集まらないことも想定されます。よってどんなアパートに入居者が入りやすいのかくらいは、事前に把握しておきましょう。

金利は低くローンを組みやすくなったことによって、アパート経営に参入する人が増えています。そのようなこともあり、アパート経営のハウツー本も多く販売されていますので、手に取って最低限の知識を頭の中に入れておきましょう。