アパート経営はどうやって始めるの?

アパート経営の始め方と初期費用について

不動産投資として人気のアパート経営の第一歩は、アパートを用意する事から始まります。親から相続、一括で購入出来る人は別として、大体の人は住宅ローンを組んで購入するパターンが多いです。住宅ローンを組んでアパートを購入する場合、初期費用はローン申請手続き費用と物件の一割程の頭金だけで大丈夫です。
そしてその後のローン返済は、アパートの家賃から支払う事が出来ます。仮に現役の時にローン支払いを終わらせた場合、定年後の家賃収入を自由に使う事が出来るのでゆとりある老後を迎えられます。更にアパートその物が資産になるので、自分がそこに住むと言う選択肢もあるのです。その為アパート経営は長く利益を得やすい投資と、言われています。

アパート経営を失敗しない為に!不動産屋に頼ると言う方法!

誰にでも始めやすいアパート経営ですが、実際自分の資産に人を住まわせると言う事は大変な事です。入居者トラブルや家賃未払い等のトラブルが起こり得るので、アパートの運営は不動産屋に任せるのが一般的です。
不動産屋にまかせると、入居者審査、アパート管理等の手数料が家賃から引かれます。その為不動産屋に頼む項目が増えれば増える程利益が減るので、どこまで頼むかはよく考えた方が良いでしょう。
そしてもう一つアパート経営をするにあたって忘れてはいけないのが、空室です。空室が出ると家賃収入が無くなる為、不動産屋に客を紹介してもらう必要があるのです。この紹介料も家賃収入から引かれますが、空室のリスクを考えると必要経費と言えます。