アパート経営初心者が知っておくべき豆知識

空き室を減らすことがアパート経営で利益を上げる秘訣

これからアパート経営にチャレンジする初心者は、失敗しないための秘訣を知っておいた方が無難です。アパート経営で利益を上げるため重視したいポイントが、いかに空き室を埋めるかという点にあります。入居者がいないとアパートから収益は得られず、物件の維持コストが大きな負担となりかねず、できるだけ入居者を増やす取り組みが必要です。
例えばアパートが老朽化するにつれ、入居者の確保が難しくなります。そこで古いアパートで入居者を獲得するために、リフォームを行うと効果が大きいです。マンションの外壁を新しく塗り直したり、浴室やキッチンなどの住宅設備を最新の製品へとリフォームすることにより、空き室を防ぐ効果が得られます。

アパート経営では災害リスクに対する備えが不可欠

アパート経営では、物件を失うリスクに対して備えが欠かせません。建物を運用する上で大きなリスクとなるのが火災です。火災が起きるとその後の改修に多額の費用が掛かったり、あるいは完全にアパートを失うこともあります。そこでまずは、アパートで火の手が広がらないための対策が必要です。防火扉やスプリンクラーといった火事を防ぐ設備は、大切なアパートを守るため費用を掛けてでも設置を要するものです。
さらに万が一火災が起こった場合に備えて、火災保険に加入する対策が不可欠であり、大きな経済的損失を防ぐ効果があります。また日本では地震もアパート経営では大きな災害リスクとなることから、地震保険の加入も重要な災害リスクへの対策方法の一つです。